FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FRB の出口戦略

Fed Seeks Power to Issue Own Debt When Crisis Ebbs, Yellen Says (2009-03-25)
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=20601087&sid=a7SvA7m.nd78

・Federal Reserve Bank of San Francisco President Janet Yellen said the central bank wants authority to issue its own debt, a move that would bolster its efforts to raise interest rates as the credit crisis abates.

The Fed normally raises interest rates by selling Treasuries on its balance sheet, draining reserves from the banking system. That task is tougher with the Fed’s commitment last week to buy more than $1 trillion in mortgage-backed securities, which are harder to sell quickly without roiling markets. The central bank cut its main rate to almost zero in December and switched its focus to emergency credit programs.

・Giving the Fed power to issue debt “would make them more comfortable that they could raise rates without being too disruptive in terms of having to dump assets into the markets,” said JPMorgan Chase & Co. economist Michael Feroli, a former Fed researcher.

・“Issuing such debt would reduce the volume of reserves in the financial system and push up the funds rate without shrinking the total size of our balance sheet,” Yellen said.


米FRBが独自債の発行検討、財務省との競合懸念も=WSJ (2008-12-10)
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-35359620081210

 このバランスシートの膨張がFRBに複雑な影を投げている。クレジット危機の初期段階では、FRBは保有する財務省証券を取り崩し、それを新規プログラムの資金源としていた。しかし、FRBの国債保有額はすでに約4760億ドルにまで減少し、このうち一部はすでに別のプログラムに充当されている。

 FRBはまた、財務省に資金を依存してもいる。財務省はFRBの求めに応じて債券を発行。これを売却して得た資金をFRBに預金し、FRBがこれを使用するといった構図が存在してきた。しかし、財務省は11月、FRB向けの支援を削減すると発表。債券発行額が法で定められた上限に迫りつつあることがその理由だ。


金融危機が一段落し経済が回復路線に乗れば当然インフレ懸念が台頭し、インフレを抑制するために市場からの資金吸収(≒利上げ)経路を確保せねばならない。が、既に国債の大量増発で供給過剰懸念が出ていることもあり、国債を媒体とする従来の手段は取り難い。また、今回の救済プログラムで新たにバランスシート上に積み上がった買取資産は流動性が低いため、そもそも媒体たり得ない。ゆえに新規に「FRB 債」を発行することにより、バランスシートの規模を変動させることなく資金吸収が可能になる…ということか。
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。